修復歴車・事故車を売る

修復歴車・事故車を売る

 

 

まず修復歴車というのは、
中古車自動車査定基準の中で
下記のようにに定義されています。

 

 

災害や事故により
自動車の骨格などの部分に
欠陥を生じ、修復された車

 

 

要は、フレームが
曲がってしまったような車のことです。

 

 

よく軽い事故で
バンパーやドアに深い傷が入って
それを修理したから修復歴があると
勘違いする人がいますが
それは、違います。

 

 

そして修復歴のある車というのは、
買取相場の20%減くらい
買い取られるのが一般的です。

 

 

また、高級車で修復歴があると
更に低くなると思っておきましょう。

 

 

高級車を買う人は、
経済的に裕福な人が多いので
修復歴があるというだけで
敬遠されます。
売れない車は、当然安くなります。

 

 

次に事故車ですが
事故車は、事故をして
自走できない状態で
修理せずにそのままにしている車です。

 

 

事故車は、
事故車買取専門で買い取ってくれます。

 

 

修理して売れるか?
それが駄目ならパーツとしての価値があるか?

 

 

というところで買取価格が決まってきます。
見た目がひどくても
中のパーツが使えるなら
予想以上に高く買い取ってくれることがあるので
見積もりを頼んでみましょう。