10万キロを超えた車は査定価格

10万キロを超えた車は査定価格

 

 

日本人の感覚では、
車の走行距離が10万キロを超えると

 

 

「そろそろ限界だし、乗り換えるか。。。」
「次故障したら廃車だな。。。」

 

 

と思ってしまいます。

 

 

しかしそれは、日本人の感覚で
海外では、10万キロというのは、
まだ全然乗れると判断されます。

 

 

実際アメリカなどでは、
メンテナンスを繰り返して
50万キロまで乗っている人もいますし、
東南アジアなどでも10万キロを超えた車が
廃車という感覚は、ありません。

 

 

実際に日本で役目を終えたと思われた
多くの車が海外に輸出されて
本当に走れなくなるまで乗り続けられます。

 

 

しかし、日本の中古車販売店で
車を買うのは、当然日本人がほとんどです。

 

 

ですから10万キロを超えた車は、
すぐ壊れそうというイメージがあるので
避けられる傾向にあります。

 

 

売れない車の買取価格は、
ほぼ価値がないと判断されます。

 

 

しかし、最近は、少し状況が変わってきています。

 

 

というのも海外に販売ルートを持っている
車買取業者が増えたということもあり、
10万キロを超えた車でもお金を払って買取り、
海外で売って利益を出す会社が増えてきました。

 

 

ですから10万キロを超えたから
価値がないと思って
1社だけに査定してもらって
0円で引き渡してしまうのは、やめたほうがいいです。
必ず何社かで査定をしてもらうようにしましょう。

 

 

また、10万キロを超えた車でも
メンテナンスをすれば
20万キロ、30万キロと普通に走れます。

 

 

ですから車を購入する側に立てば
かなり安い価格で手に入るので
購入時には、選択肢の一つに加えてもいいかもしれません。