下取り価格は、買取より低い事が多い

下取り価格は、買取より低い事が多い

 

 

車買い替えの時、
車を購入する店舗に今乗っている車を
下取りに出す人が多いですが
下取りに出すと損をすることが多いです。

 

 

というのも下取りの価格というのは、
販売員のさじ加減で決められていることが
多いからです。

 

 

そのため下取り価格の相場というのは、
あってないようなものです。

 

 

車買取店の場合は、
直近のオートオークションの落札価格から
決めていますが下取りは、かなり適当です。

 

 

多くの場合、
車の購入価格の割引具合を
下取り価格で調整します。

 

 

お客さんから
購入価格をもっと安くしてほしい
と言われれば、その分下取り価格を下げますし、

 

 

お客さんに下取り価格を上げてほしい
と言われればその分、
車の購入価格の割引をしないように
うまく調整します。

 

 

販売員のペースにのせられないためには、

 

「車買取店に売る予定なので
 先に購入価格だけだしてください。」

 

といいましょう。

 

 

そして購入価格を粘って割引させてから
その後で「下取りの価格もいちを教えて下さい」
と言って、下取り価格を聞き出しましょう。

 

 

あとは、車買取店にも査定してもらって
高い方に売ればいいわけです。