車を売る契約をした当日なのにキャンセルできない

車を売る契約をした当日なのにキャンセルできない

 

 

国民生活センターに
車売却に関しての相談で
「車を売る契約をした当日なのにキャンセルできない」
という相談があったそうです。

 

 

詳しい内容としては、
インターネットで車買取店に出張査定してもらい
業者が提示してきた価格が65万円だったそうです。
この相談者は、迷っていたそうですが
売ってくれとあまりにもしつこいので思わず
「70万円なら売ってもいい」と言ってしまったそうです。

 

 

業者は、70万円で買い取るといい、
相談者は、契約書にサインと拇印を押しました。

 

 

その後、奥さんにそのことを伝えると
「車を売らないでほしい」と言われたので
業者にキャンセルしたいと連絡しました。

 

 

すると業者に
「すでに買い手がついて、手付金を貰っているのでキャンセルできない」
と言われたそうです。

 

 

契約書を見ると
キャンセル出来ないと記載されていましたが
今日契約したばかりなのに
買い手がついたというのも信じられないですし
車がまだ手元にあるのに
キャンセルできないというのは、おかしいです。

 

 

このような内容でした。

 

 

まず最初に注意しなければいけないのが
一度契約してしまったら
車買取の契約の場合、クーリングオフは、使えません。

 

 

そして、契約を解除するためには、
契約書に記載されているキャンセル料を
支払わなければいけません。

 

 

ただし、キャンセル料は、
契約の解除によって車買取店が受けた損害のケースの
平均的な額となっているので

 

 

あまりに高い場合は、国民生活センターや
法律の専門家に相談すれば
損害以上の額は、払わなくてよくなることがあります。

 

 

今回のケースでは、
契約書にキャンセル出来ないと
記載されていたのでキャンセルは、難しいでしょう。

 

 

契約時にキャンセルできないと説明しない時点で
この業者は、悪徳業者ですが

 

 

契約書をきちんと読まずに
サインしてしまった相談者にも落ち度があります。

 

 

営業マンというのは、
車を買い取るために契約を急かしてきます。

 

 

「今売ってくれるならこの金額をだします。」

 

 

といわれると
迷っている人は、つい契約してしまいがちですが
これは、営業トークの定番でどこでも言われます。

 

 

車を売るのに誰かの許可が必要な場合などは、
契約してはいけません。

 

 

今だけの買取額と言われても何社も査定してもらえば
さらに高い買取額を提示してくれる業者が見つかる事が多いです。

 

 

ですから確実に売ってもいいという時だけ
契約するようにしましょう。

 

 

次に業者が当日なのに
買い手がついていると言ったことですが
これは、嘘か本当か証明するのは、難しいですが

 

 

車買取店は、ユーザーから
「こういう車が手に入ったら買いたいので連絡してほしい」
と言われていることがあります。

 

 

もしかしたら、契約したすぐ後に
このお客さんに連絡して、手付金をもらったかもしれません。

 

 

ですから当日だからキャンセルしても大丈夫
という考えは、捨てましょう。

 

 

契約するときは、
契約書をきちんと読んで、
疑問があったら業者に質問しておきましょう。

 

 

そしてキャンセルしたらキャンセル料が発生するものだと
自分に言い聞かせてからサインしましょう。