車買取業者から高額なキャンセル料を請求された

車買取業者から高額なキャンセル料を請求された

 

 

国民生活センターに
車売却に関しての相談で
「車買取業者から高額なキャンセル料を請求された」
という相談があったそうです。

 

 

詳しい内容としては、
相談者の息子に買い与えた車を
息子が勝手に車買取業者へ51万円で売る契約をしてしまったそうです。

 

 

相談者は、車を売ることに反対で業者にキャンセルしたい旨を伝えると
「すでに売れてしまい、他県の営業所に搬送してしまった。」
「キャンセルするならキャンセル料として10万円です。」
「そして誓約書に署名捺・印すれば、車を返します。」
と言われたそうです。

 

 

この方は、
業者に対して、キャンセル料の10万円の内訳を示すように伝えましたが
取り合ってもらえず、業者に言われた通り、10万円払い、
誓約書にサインしたそうです。

 

 

返ってきた車のメーターを見ても
他県を往復したとは、思えないですし、
10万円という高額なキャンセル料に納得がいかない
という相談でした。

 

 

まずキャンセル料に関しては、契約書に
「キャンセル料は、○円、キャンセル料は、○%」
というように記載されているのでそちらに記載された金額を支払うことになります。

 

 

ただし、今回のような10万円というのは、高すぎます。
もちろん業者側がこのキャンセルによって
それだけの損害が出たと示すことができれば
支払うことになりますが

 

 

この相談者が
キャンセル料の10万円の内訳を示すように伝えた時に
取り合ってもらえなかったと書かれています。

 

 

こういう場合は、キャンセル料を支払わず、
法律の専門家に相談すると伝えましょう。

 

 

そして、国民生活センターに相談して
業者の対応の仕方によって
弁護士に相談することになります。

 

 

以前も同じようなケースで
訴訟があり、キャンセル料が無効となったケースもあるので
弁護士に相談することをチラつかせると
正当なキャンセル料で車が戻ってくることがあります。

 

 

いきなり、高額なキャンセル料を支払う前に
国民生活センターに相談しましょう。