契約した後で車の買取金額を下げられた

契約した後で車の買取金額を下げられた

 

 

契約した後で車の買取金額を下げられた
という人の体験談です。

 

 

新しい車を購入することになったので
今乗っているの車の査定を申し込みました。

 

 

出張査定を依頼し、査定額は、22万円。
契約書にサインし、車を引き渡しました。

 

 

すると2日後に車買取業者から連絡があり、
隣の県のオートオークションの会場で再び点検したら事故車と判明したので
買取金額が半額の11万円になると言われました。

 

 

この車は、3年前に中古車で購入しましたが
事故車でないと確認して買いましたし、
その後、自分でも事故を起こしていません。

 

 

もし契約を解除するなら
隣の県まで運んだ運送費として3万円支払うように言われました。

 

 

 

キャンセルした場合として
運送費用の3万円を請求されていますが
これは、妥当な金額です。

 

 

車の売り手のキャンセルによって
車買取業者が損害をうけたら
その平均的な金額を車の売り手に請求できます。

 

 

ただし、キャンセルの原因が
車買取業者が査定の時に
事故歴を見落としたというのであれば、
話は、変わってきます。

 

 

この場合は、
通常の注意を払っていれば見つけられた瑕疵
となるので車買取業者のミスです。

 

 

車の売り手が虚偽の申告をしていれば
減額やキャンセル料の請求をされててもしかたないですが
この場合だと車の売り手の方が有利です。

 

 

車買取業者に無料でキャンセルすることを主張して
法律の専門家に相談するといいましょう。

 

 

そして、それでもキャンセル料を請求してくるのであれば
弁護士や国民生活センターに相談してみましょう。