引越しして住所が変わった後の車買取

引越しして住所が変わった後の車買取

 

 

引越しをすると住所が変わってしまいます。
多くの人が転出届と転入届を役所に出して住民票を移しますが
車の車検証の住所は、前の住所から変更していない人も多くいます。

 

 

いちを引越しなどで住所が変わると15日以内
車の登録住所も変更しなければいけないという決まりがあります。

 

 

しかし、車の登録住所を変更しようと思うと
車庫証明を新しい住所で取り直し、
その車庫証明を持って、車の登録住所を変更することになります。

 

 

そして車庫証明を発行してもらうには、
多くの書類に記入しなければいけませんし、
申請をしてからも3日から1週間くらいかかります。

 

 

それを含めて15日以内に
車の登録住所を変更しなければいけないので
めんどくさがってやらない人が多いです。

 

 

ただし、それをやらないと車を売る時になって困ることがあります。

 

 

車を売る時には、車の持ち主と車を売る契約をする人が
同一人物であるか確認します。

 

 

その時に車検証の住所と免許証の住所が違っていたら
車買取業者は、買い取ってくれません。

 

 

なんでかというともし住所が異なる人の車を買い取ってしまったら
例えば、田中太郎というよくありそうな名前の人が
同姓同名の他人の人の車を売ろうとしても売れてしまうからです。

 

 

車買取業者は、車の売り手に騙されて車を買い取ってしまったら
あとで車を返さなければいけないので損害が生じるからです。

 

 

そこで住民票が必要になります。
住民票をみれば一つ前の住所が記載されています。

 

 

それを見ればひとつ前に住んでいた住所と
車検証の住所が一致するはずなので
車を売ることができます。

 

 

但し、住民票に記載されているのは、
ひとつ前の住所だけです。

 

 

引越しを2回以上して
ずっと車の住所がそのままの人は、
戸籍抄本が必要になります。
戸籍抄本には、2つ前の住所も記載されています。

 

 

このように車の住所を変更しておかないと
面倒なこともあると知っておきましょう。