車売却後のキャンセルについて

車売却後のキャンセルについて

 

 

車を売った後のキャンセルについてですが
キャンセル料を取られない場合と
キャンセル料を取られる場合があります。

 

 

まずキャンセル料が取られない場合ですが
売却契約をしたけどまだ車を引き渡していない

 

 

あるいは、車を引き渡していても
車買取業者がキャンセルされたことによって
損害が出たと証明できない場合
です。

 

 

こういう場合でしたら
大手の買取店ならキャンセル料を
請求されないことが多いです。

 

 

次にキャンセル料を取られる場合ですが
車を引き渡した後に、
すでに買い手が決まってしまった場合や

 

 

業者間のオークションに出品するために
運搬してしまった場合など
業者側になんらかの損害を与えた場合です。

 

 

注意が必要なのは、
小さい買取業者などでキャンセル料を取るのが
当たり前と思っている業者があることです。

 

 

車を引き渡してすぐでも
「もう買い手がきまってるから」などと
なんらかの理由をつけて
キャンセル料を請求してきます。

 

 

また契約書に
「キャンセルとすると○%を業者側に支払う」
と書いていて、そこを説明せずに
サインさせる悪徳業者もいます。

 

 

車を売りに行くと
業者の人は、なんとか売ってもらおうと
必死に話しをしてきます。

 

 

断るのが苦手な人は、
まだ迷っているのに契約することがないように
売ると決断してから車買取業者を呼びましょう。

 

 

そして契約書にサインするときも
キャンセル料がかかるのか
確認してからサインしましょう。