契約した後の買取額の減額

契約した後の買取額の減額

 

 

車をすぐ引き渡せないけど、
とりあえず売却契約だけ済ませる
というケースもあります。

 

 

そういう場合は、後日、
車の買取業者に引き渡すことになります。

 

 

車の買取業者は、引き渡された車を
ここでもう一度査定します。

 

 

なぜなら売却契約をした日から
引き渡された日までの間に
車になにかあったらいけないので
もう一度見直すのです。

 

 

ここでなにか問題が見つかった場合は、
ユーザーに減額、または、キャンセルを伝えてきます。

 

 

もし、引き渡しまでの期間に
事故をするなど自分に落ち度があった場合は、
しかたありませんが

 

 

特になにもないのに
いきなり減額を伝えてくる業者は、
要注意です。

 

 

自動車公正取引協議会でも
このような買取額を減額してくるという
相談が寄せられています。

 

 

このような業者は、

 

 

「減額されたからキャンセルしたい」

 

 

といってもキャンセル料を請求してきます。

 

 

契約書を読むと多くの場合、

 

 

「契約時の車の状態から
価値が下がった場合は、減額できます」

 

 

「キャンセル料は、○%」

 

 

と記載されています。

 

 

サインさせられた後では、
業者のいう通りにするしかないので
契約前にキャンセル料や減額があるのか確認しておき、
必要なら減額した場合は、無料でキャンセルできると
契約書の端に一筆、書いてもらいましょう。