車売却後の名義変更の連絡

車売却後の名義変更の連絡

 

 

車買取店に車を売却して
そのお金が振り込まれても
まだ終わりでは、ありません。

 

 

もう一つ、
名義変更の確認が残っています。

 

 

名義変更が完了していないと
いろんな問題が起こります。

 

 

例えば自動車税の通知
毎年4月1日に車検証にかかれている
自動車の所有者に送られます。

 

 

名義変更がされてないと
当然、あなたに届きます。

 

 

車を売ったのだから関係ない
と思いますが所有者があなたになっている限り、
あなたが支払うことになります。

 

 

支払いを拒否したところで
催促状が届くだけです。

 

 

他にも駐車違反やオービスでスピート違反が見つかると
その罰金の請求があなたのところに届きます。

 

 

その場に警察官がいる場合は、
運転手が罰せられるからいいですが
それ以外の場合ですと
車の所有者のところに請求が行きます。

 

 

こうならないためにも
必ず名義変更が終わったことを
連絡してもらいましょう。

 

 

ただし、注意が必要なのは、
あなたが売った車の名義変更が行われるのは、
その車の買い手が見つかってからです。

 

 

本来ならあなたが車を売ったら
一旦名義を車買取店のものにしておいて
その車が売れたら、
さらに名義変更をすればいいのですが

 

 

多くの場合は、あなたから車を買い取ったら
名義変更をせずに
業者間のオークションに出品します。

 

 

そこで買い手がついたら
やっと名義変更の手続きをします。

 

 

ですからあなたが車を売ってから
名義変更の手続きが完了するまで
1〜3ヶ月くらいかかります。

 

 

よって、忘れたころに
名義変更が完了したと連絡があります。

 

 

また、名義変更がされるまでの
1〜3ヶ月の間に
4月1日があると自動車税の請求があなたに届きます。

 

 

しかし、4月1日より前に
車の売却契約を済ませておけば
その税金は、車買取店が払ってくれるので
請求が来ても驚かないようにしましょう。

 

 

これは、契約の時に
教えてくれるので大丈夫です。

 

 

逆に何も言わないような車買取店は、
怪しいと思ったほうがいいです。